鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

インクを売っているお店はどこですか

 今日は、12時間くらい眠った。

 外はよい天気。さわやかな秋の風が少し肌寒い。

 今朝見た夢のお話(第7話)。

 モンブランのインク(ブラック)を、そろそろ買わなきゃと思っていたからかな、インクを買いに行く夢を見た。

 モンブランのインクは売っているところが少ない。むかしは電車でひと駅となりの街で買っていたけど、いまはY市とかT市とかまで行かないと買えない。

 夢のなかのわたしはY市に行った。Y市の商店街、ひさしぶり。なんか、うきうきしながら歩いていた。

 その日のお買い物の予定は、モンブランのインクとフランスパンが2本。どうしてフランスパンを買うのかは、わたしにもよく分からない……

 それにしても人がおおいな。混雑した道のなかほどに、交通整理をしているお巡りさんの姿が見える。今日は、なにかのお祭りの日?

 そんなことを思いながら、道の角を曲がった。目的のお店は、ここを曲がればすぐそこ、そう思っていた。

 たしかにそのはずだった、現実にはそう。

 でも、ここは夢のなかだから、そうじゃなかった。角を曲がったら、Y市にいたはずが、いつのまにかT市に来ていた。

 わたし、勘違いしていたよ…… お店、遠いよ……

 Y市からT市に来てしまったんだから、勘違いってことではないと思うけれど、夢のなかのわたしはいつもこんな感じ。

 結局、モンブランのインクもフランスパンも、買うことなく目が覚めた。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂