鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

あなた どこから来たの?

 今日のお天気は、明るい曇り空。

 こちらの気分は、ほどほど。

 ひさしぶりに夢のお話をしてみよう(第23話)。

 たぶん真夜中すぎのこと、夢のなかのわたしはキッチンにいて、なにか温かな飲み物をいれようとしていた。

 ミルクティーをいれようか、それとも甘いココアを少しだけつくろうかと思案していたとき、微かなもの音が聞こえた。

 うん? なにかな? ダイニングのほうに視線をむけると……

 あらら、子ぎつねがいるよ!

 いっぴきのすらりとした子ぎつねが、ダイニングの椅子の下でなにやらごそごそしていた。黒くてつぶらな瞳、大きな尻尾が左右に揺れている。

 かわいい……

 子ぎつねに、そっと近づいてみた。わたしが近づいても、とくにおどろく様子もない。それにしても、どこから入ってきたのだろう?

 あなた、どこから来たの?

 わたしの足に、子ぎつねのやわらかな毛がふわりと触れた。温かで心地よい感触…… 素敵な毛並みをお持ちですね。そのまま、扉にむかって歩きはじめた。

 もう帰るの?

 わたしは子ぎつねのために扉を開けた。そうだよね、ここはあなたの家じゃないし、夜も遅いから、帰った方がいいよね…… 玄関へと歩いてゆく子ぎつね。

 玄関の扉も開けた。

 さようなら…… 子ぎつねは、すっと夜の闇のなかへ消えていった。

 ほんの数十秒の短い夢だった。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂