鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

それは小さな家だった

 今日は、あたたかな晴れのいち日だった。

 ここ数日、よいお天気がつづいている。

 夢のお話をしよう(第24話)。

 夢のなかの季節は冬、たぶん12月頃だと思う。

 どこか懐かしさの感覚を思い起こさせるふるびたアパートの一室だった。薄暗い畳の部屋に、5歳くらの女の子がひとり窓辺に立っていた。

 窓の外には住宅街の夜景がひろがっていた。3階くらいからの眺めだろうか? 粉雪がちらちらと舞っていた。

 女の子は窓を開けると身を乗り出した。薄く雪の積もった通りに、男の子の姿があった。女の子と男の子の雰囲気はどこか似ている。もしかしたら、兄妹なのかもしれない。

 「はやく投げて」と、男の子の声がした。

 どこから持ってきたのだろう、女の子の手には1枚のスカーフが握られていた。スカーフの色や柄は暗くてよく分からない。

 「それっ!」

 女の子の投げたスカーフが、夜の街を背景にくるりと宙を舞った。そのまま小さな家に姿をかえて、夜空をふわふわと漂った。

「はやく、はやく」男の子が女の子を呼んだ。「はやく追いかけないと、見失っちゃうよ」

 アパートから出てきた女の子の手を男の子は引っ張った。

 「ほら、あそこに見えるでしょ」

 小さな家が淡い光りに包まれ、夜空に浮かんでいた。

 女の子はうれしそうな笑顔だった。その小さな家は彼女にとって、しあわせのしるしのように見えていたのかもしれない。

 夜空を漂う小さな家を追いかけて、ふたりはひとけのない街の通りを駆けていった。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂