読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

風邪とインクの色

 なんか風邪ひいた……

 明け方、寒かったからかな。

 風邪をひくと気持ちが悲しくなる…… 暗いところに、ゆっくりと落ちてゆく感じ。

―― † ――

 気分で万年筆のインクの色をかえてみた。

 いま使っている万年筆は、モンブラン146と144。どちらも、モンブランのブラックを入れて使っていた。

 今回インクをかえたのは144。ちょっとしたメモや、覚え書きには144が便利。144はキャップがネジじゃないから、素早く使える。

 その144のインクを、モンブランのブルーブラックにかえてみた。

 いままでも144にブルーブラックのインクを入れてみたことがあるけれど、しばらく使っているうちに、もとのブラックのインクに戻してしまう。ブルー系の色って、わたしとの相性がよくないのかな? 今回も、そのうちブラックに戻しちゃう気がするけど、まあいいや。

 しばらくは、この古風な色味の青とお付き合い。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂