鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

お香

 今日は、よくない日かな。

 むかしあった、いやなことばかり思い出してしまう。

 もういいんだよ、終わったこと。そう思ってみるけどね、こころって、なかなか思うようにならない。

 いま思い出した漱石の言葉。

 智に働けば角がたつ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角この世は住みにくい。

 文章が美しすぎて、わたしのなかを素通りしてしまった……

 お香、たいてみた。

 お香は好き。

 香りが、こころに直接ひびいてくる感じが好き。細くたちのぼる煙をぼんやり眺めた。

 たいたのは「古都」ってお香。

 古風な香りのお香が好き。

 お香のおかげかな。気分はよくないながらも、こころはいくらか、おだやかになった気がする。

 こころおだやかなのが、なによりです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂