読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

散歩とモンブラン146と「ノルウェイの森」

日記 2010

 今日は、あたたかなよい天気だった。

 午後3時頃から小1時間ほど、お散歩に出かけた。

 一昨日、具合をわるくしたので、気分があまりよくない。明るい日差しが、なんだか怖い…… いつもはなんてことない鳥の鳴き声にも、怯えてしまう。

 右手にカメラ、ポケットに愛用のモンブラン146ボルドー

 散歩の途中、森の小径で146を撮影してみた。落葉の上に146をそっと置く。森の光のなかで見る146は美しい。深い赤は、わたしのこころのよう。今日のわたしは、いくらか感傷的。こんな気分の日もあるよね。

モンブラン146

 村上春樹ノルウェイの森』から、直子の言葉。

「私はあなたが考えているよりずっと深く混乱しているのよ。暗くて、冷たくて、混乱していて……」

 わたしにはよく分かる。誰かのこころが分かるなんて、空想にすぎない? 本当は、なにも分かっていないのかもしれないけれど……

 お友だちになりたかったな。

 混乱してしまったときはね、混乱したまま、すがすがしく生きればいいんだよ。それがわたしの理想。わたしは、そのように思っている。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂