鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

工事中 足もとにご注意ください

 今日のお天気は曇り空。

 おだやかな明るさ。

 少し前のことになるけれど、自宅近くの川を工事していた。地面(この写真では川底)を掘っている工事現場って、どこかしらこころひかれるものがある……

河川の工事

 とある月曜日、メランコリックな曇り空のもと、工事現場の近くを歩いているマリ所長とW君。

 「マリ所長、工事していますね」

 「そうね」

 「そちら、ぬかるんでいますから気をつけて下さいね」

 「W君」

 「はい」

 「わたしにも右0.7、左1.0の、それなりによく見える目があるの。その目で見えているものを、他の誰かから、あれこれ言われるのは好きじゃないな。そのことは、知っているでしょ? 同じことを何回も言わせないでちょうだいね。わたしの話、聞いてる?」

 「所長、あっ!」

 たぷん。

 「………………」

 「………………」

 工事現場のぬかるみに、右足がとっぷりと浸かってしまったマリ所長であった。

 「W君」

 「はい、所長」

 「ここは笑うところかしら?」

 「ペーソスという言葉もありますが……」

 「わたしはいまここにある小さな不幸を受け入れることによって、やがて訪れるであろう大きな悲劇の運命を回避しました。あなたには分からないでしょうけど……」

 「………………」

 「………………」

 マリ所長ってこんなキャラだったかな? マリ所長、迷走中……
 迷走しているのは、このわたしの方か……

 

広告を非表示にする
鞠十月堂