鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

独りでいること それからアルチュール・ランボー

 今日のお天気は、晴れのち雨。

 ここ最近、あまり調子がよくない。

 やや、残念。

 午後から所用で、電車でひと駅となりの街へお出かけしたら、とても疲れてしまった…… 頭が痛い。

 わたしのいまの生活は、独りで部屋にいることがおおい。誰かといっしょにいると、なんだかんだと疲れてしまうので、これはこれでありがたい。独りでいることに、寂しさは感じない。わたしのこころは、一般的な平均から、いくらかはずれたところにあるのかもしれないなあ、とも思う。

 独りでいることと、これといって関係はないのだけれど、アルチュール・ランボーの詩をいくらか引用してみよう。

 新潮文庫ランボー詩集』から「最高の塔の歌 Chanson de la plus haute Tour」(部分、堀口大學訳)。

あらゆるものに縛られた
哀れ空しい青春よ、
気むずかしさが原因で
僕は一生をふいにした。

心と心が熱し合う
時世はついに来ぬものか!

 こういう詩を読むと、なんだか笑ってしまう。

 ランボーの詩って、いい。

 今夜は、こんなところです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂