鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

今日のこと 144の細い線

 今日は、よいお天気のいち日だった。

 こちらは、風邪の具合がよくなくて、寝ている時間が長かった。まあ、仕方ないよね…… 頭痛のほうは、だいぶよくなってきた。

 夕方、庭の掃除。それから詩作を少々。

 詩作の作業には、いつものモンブラン146ではなくて144を使った。こんな日は、146の軸の太さを少々つらく感じてしまう。144の細い軸の感覚が心地よい。

 その144の軸をほぼ垂直(85゚くらい)に立てて、面相筆で下書きの輪郭線をなぞるときのような繊細な力加減で使うといっそう素敵。

 細い線が醸しだす情緒っていいな……

 わたしの好み、癒される。

 詩作の方は、同じイメージをぐるぐると巡る感じで、あまりすすまなかったけどね……

 

広告を非表示にする
鞠十月堂