鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

午後の散歩 煉瓦の色

 今日も、よいお天気のいち日だった。

 爽やかな空気が気持ちよい。

 午後の散歩から、街コースの写真。

煉瓦の壁とシュロ竹

 煉瓦の色には、こころひかれるものがある。

 なんかいいなあ…… シュロ竹の緑も素敵。

 古風な煉瓦の壁にぐるりと囲まれた家に暮らしてみたい。

 小さな部屋の窓辺の机。北向きの窓から見えるのは、落ち着いた色合いの煉瓦の壁。日が傾くと、やわらかな翳りが煉瓦の上に降りてくる。そんな情景を眺めつつ詩作に耽ってみたい。

―― † ――

 このところ、詩作のペースがはやい(どれも短い詩だけれど…)。

 今後の投稿の予定は、

 6/11 夏の太陽
 6/12 夜に包まれて
 6/13 失われた言葉

 となっています(いちど予告をやってみたかったので、やってみた…)。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂