鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

7月7日 休み明け

 今日のお天気は晴れ。

 七夕ということで、今夜は美しい星空が見られるかな?

 しばらくお休みしていたブログを再開します。皆さま、よろしくお願いいたします。

―― † ――

 お休みしているあいだに、このブログをこれからどんなふうに書いてゆこうか、それとなく考えてみた。これまでのような毎日の更新は、ちょっと出来ないかなあと思っている。

 5月の中頃から、調子がいまひとつということもあるけれど、いま、いくつかやりたいことがあって、これからは、そちらのやりたいことを中心にいち日の時間を使ってゆくことにした。たっぷりの元気があればブログも毎日書けるとは思うけれど、いまはまだ、からだも頭も疲れやすい。

 記事の内容は、これまでとあまりかわらないと思う。当面は週に3~5日くらいのペースで更新してゆく予定。

―― † ――

 このブログの記事はリンク元が分かるようになっている。2週間ほどブログをお休みしていたので、6/23の記事(管理画面)にはたくさんのリンク元が表示されていた。

 いちばん多かったのが万年筆(モンブラン144、146)関連の検索から来られた方。つぎに多いのが意外にも三島由紀夫豊饒の海』関連の方。万年筆も三島由紀夫も記事の数としてはそんなに多くないので、ちょっと不思議な気もする。わたしが文学カテゴリーでよく書いていた村上春樹安部公房については、ぽつりぽつりといった感じだった。

 ネットの検索の世界って、どんな仕組みになっているんだろうね。なにやらミステリアスな雰囲気が漂っている……

 

広告を非表示にする
鞠十月堂