鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

夏の午後 本を買った

 今日も晴れのよいお天気だった。

 暑いよ……

 午後から、電車でひと駅となりの街へ出かけた。

 電車でお出かけするのはひさしぶり(1ヶ月ぶりくらい)。予約しておいた美容院で髪をカット。それからお買物。駅近くの大きな書店で本をたくさん買った。

 どんな本を買ったかというと……

 三島由紀夫豊饒の海 天人五衰』(新潮文庫
 村上春樹1Q84』(BOOK1,2,3をまとめ買い)
 『考える人 2010年夏号』(村上春樹のロングインタビューが掲載されているので購入)
 ドストエフスキー地下室の手記』(新潮文庫)(なんとなく読みたいと思ったので購入)

 ちょっと買いすぎた。持って帰るの重いよ……

 村上春樹1Q84』は、やっと読みたい気分になってきた。三島由紀夫暁の寺』と『天人五衰』を読み終えてから、読みはじめる予定(8月の初めには読みはじめることが出来るかな?)。

 『考える人』「村上春樹ロングインタビュー」は面白そうなので、すぐにでも読みたいのだけれど…… (そう思いつつも、これを読むのは『1Q84』を読み終えてからだよね…)

 ドストエフスキー地下室の手記』については、夏の夜にぽつりぽつりと読んでいきたい。

 今夜は、こんなところです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂