鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

雨降り ガルシア=マルケス 「百年の孤独」

 今日のお天気は、夕方から雨。

 雨、ひさしぶりですね……

 ドストエフスキー地下室の手記』は、3日ほど前に読み終えた。面白かった! つぎに『悪霊』を読む予定にしていたのだけれど、いまひとつその気になれず…… 『悪霊』はもう少し秋が深まってから読むとしよう。

 そのかわりといってはあれだけれど、ガルシア=マルケス百年の孤独』をいま読んでいる。このお話を読むのは3回目。最後に読んだのはいつのことだろう…… 7~8年前?

 1行目に出てくる名前は、アウレリャノ・ブエンディア大佐…… いきなり懐かしさの渦に墜落した…… (この暴力的とさえ思える懐かしさはいったいなに?)

 ホセ・アルカディオ・ブエンディアとウルスラ・イグアラン、ジプシーのメルキアデス、アマランタやレベーカ…… これらの登場人物たちを、こんなにも懐かしんでしまうわたしがいることにいささか驚いた。

 わたしがいま読んでいるのは、全面改訳の新装版(同じ内容だと分かっていても「ガルシア=マルケス全小説」の版も手もとに置いておきたかったりするけれど…)(活字が二段に組まれたはじめの版もどういうわけか持っている…)。

 毎日15~20ページくらいの、ゆっくりとした読書(いそいで読んだらもったいないよ…)。62ページまで読みすすめた(マコンドに町長のドン・アポリナル・モスコテがやって来たところです…)。

 今回は登場人物の名前や出来事、気づいたことをノートに書きとめながら読みすすめている。そうすることで、この物語になにか新しい発見が出来たらいいな。

 朝起きて、温かな飲み物を飲みながら読むガルシア=マルケスってなんかいい。充実したこころでいち日をはじめることが出来る。

 9月は『百年の孤独』をゆっくり楽しもう。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂