読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

CSSのこと ブログの見た目のこと

 今日は、よいお天気のいち日だった。

 日中の日差しは春を感じさせるあたたかさ。

 HTMLやCSSについて、少しだけ……

 このブログはCSSを書きかえることが出来る。文字の大きさや色などを好みに変更したいときは便利。わたしは見た目が気になる方なので、CSSをちょこちょこと書きかえて、このブログを使ってきた。

 ここ最近の記事の見直し(様式の統一など)に合わせて、CSSのほうも手を入れてみることにした。HTMLやCSSについての知識や理解は、気分の気分くらいのレベル。ネットで検索しつつ、プチ勉強してみると……

 あらら…… 無駄のおおい、かなり?な記述をしていたことが判明。記述に無駄がおおくても、その手法がエレガントでなくても、文法的に間違ってさえいなければ、誠実に命令を実行してくれるところがパソコンの偉いところではありますが…… 

 う~ん、と考えつつCSSを見直すこと数日、クラス名を使った指定を精査、整理して、ずいぶんすっきりとした記述になった(ブログの見た目にかわりはないけれど、わたしのこころは満足…)。

 それにしてもHTMLやCSSって、む、むつかしい…… そして奥が深い(CSSハックとか、はじめて知った… 2/17の:root~は、たぶん:root擬似クラスハック…)。

 それから、わたしのブログはIEの文字のサイズ「最大~中~最少」が使えない。もともとのCSSでは、文字の「大中小」が選べたのだけれど、その場合、ブラウザの種類によっては、どういうわけか文字が極端に小さくなってしまう箇所があった(これはこれで見にくくなる)。なので、いまはそれを回避するため%での指定をやめてpxで固定している。

 追記:IEでの文字のサイズ「大中小」ですが、いろいろやってみたところ記事の本文のみ文字の大きさが変化するようになりました(わたしが使っているIE8の場合、他のIEについては不明です…)。

 今夜は、こんなところです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂