読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

この頃の詩作について

 今日のお天気は晴れ。

 明るい日差しが気持ちよい。お昼過ぎ、観葉植物たちを屋外に出した。

 詩作について少し語ってみよう。

 詩をつくることが好きで、毎日こつこつとやっている。イメージが思い浮かべば、それを書きとめておきたいと思う(書きとめないでいると、やがて忘れてしまう…)。

 いくつかの詩の言葉を並べることで、それから先のことを見てみたい(はじめに思い浮かんだイメージは入口にすぎない…)。

 このブログをはじめた頃は、短い時間で即興的に詩をつくっていた。この頃は、ゆっくりと時間をかけて詩をつくっている。奥行きのあるイメージを言葉にするのは、思いのほか時間がかかる。

 詩をつくるってむつかしい。なにかちがうなあ、そうじゃない気がするけれど…… とよく思う。やがて、こころがそわそわとしてくる。こころが落ち着かないのは少しつらい……

 それでも、やがて詩は出来上がる。これでよいと思っても、本当のところはいくらか時間が経ってみないと分からない。だから、投稿したあとで修正することもよくある(仕上げた詩を読み返すことは大切だと思う)。

 長い時間、詩のイメージに寄り添っていると、それまで気がつかなかったなにかが、ふと見えてきたりする。そのような瞬間は、ちょっと楽しい。

 これからも、こつこつと詩をつくってゆきたいと思う。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂