読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

年末ってこんなだったかな? パソコンの話でも…

 今日のお天気は晴れ。

 すっかり冬らしい気候…… 寒いです……

 今年は12月に入って、あれやこれやとやることがおおくて、なんだか落ち着けない(年末ってこんなだったかな?)。それでも明日くらいから少しのんびり出来るかなあと思っていたところ……

 お友達の年賀状を急遽つくることになった。明日のお昼すぎに写真を持っていくので、3~4時間で制作からプリント(70枚)までしてほしいとのこと(むむむ…)。

 (年賀状を11月末にお願いされていたのは覚えていたけれど、あれから連絡がないのでキャンセルになったと思っていた。素早くつくることは出来るけれど、素早く最良のデザインに仕上げることはむつかしい…)

 ノートをとりながらの読書、ドストエフスキーの『白痴』は、このせわしなさのためかスローペース。作品の雰囲気としては、前回読んだ『悪霊』より小さな世界でのお話といった印象(ムイシュキン公爵、いいですねぇ~)。

 12月中に上巻を読み終えることが出来るかな? (こころしずかに読書できる時間がもう少しほしい…)

―― † ――

 パソコンの話でも……

 12/3の日記に新パソコンについて「どこかまだ借り物のようなよそよそしさを感じることもある」と書いた。あれから3週間あまり、この頃はすっかり馴染んで気持ちよく使えている(東プレのキーボード、108UHがいちばんのお気に入り…)。

 写真や画像関連の作業では、旧パソコン(7年前のWindows XP)とくらべて新パソコンIntel i5(2500K)+ Intel SSD(320series 120GB)の仕事ぶりが本当に速くて感心。パソコンの進歩ってすごいね(わたしもこれくらい的確、迅速に作業をこなしたい…)。

 気になっていたSSDへの書き込み量はというと、日頃の平均的な使い方で、おおよそ3~4GB/dayだった(関連の記事はこちら)。一般的に20GB/dayで5年というのがひとつの目安らしいので、次のパソコンを購入するまでの期間(5~7年)SSDを使うと考えた場合、まったく問題のないレベル。

 (SSDへの書き込み量については、20GB/dayを超えるような環境や使い方は限られてくると思うので、SSDへの書き込み量については、あまり神経質にならなくてもいいかなあというのがわたしの結論です…)

 

広告を非表示にする
鞠十月堂