読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

お散歩写真 夕暮れの坂道 カーブの向こう

 今日のお天気は曇りのち晴れ。

 気温は低めで、ちょっと寒い。

 先日撮影したお散歩写真でも……

夕暮れの坂道 カーブの向こう

 夕暮れの坂道、カーブの向こうの図。

 このような先の見通せない坂道のカーブには、なにかそそられるものがある。安部公房の短編小説『カーブの向う』(1966)から引用しよう。

 そこでぼくは、ゆっくりと立ちどまる。空気のバネに押しもどされたように、立ちどまる。左足の爪先から、右足の踵にうつしかけた重心が、また逆流してきて、左の膝あたりにずっしりと重みをかける。道の勾配がかなり急だからだ。

 『カーブの向う』いいですねぇ~

 わたしも夕暮れの坂道で、『カーブの向う』の主人公と同じように、空気のバネに押しもどされたように立ちどまる……

 立ち止まった理由は、ぼくなりに、むろん分かってはいたが、しかし信じがたいことだった。なにしろぼくは、このすぐ先の、カーブの向うにあるはずの風景を――いま目にしている、この坂の途中と、同じくらいよく見知っているはずの風景を――なぜかどうしても思い出すことが出来なかったのである。

 もちろんわたしは『カーブの向う』の主人公ではないのだから、カーブの向こうの記憶を失ってはいない。その風景を鮮明に思い描くことが出来る。でも、カーブを曲がった先にある風景は、本当にわたしが思い描いている通りの風景なのだろうか? もしかしたら、カーブの向こうにあるのは、わたしが記憶しているのとはまったく別の世界かもしれない。

 この世界では、ときおり不思議なことが起きるという。突然、ひとがいなくなってしまうこともある。神隠し…… わたしは、あのときこのカーブを曲がるべきではなかったのだ……

 怖い……

 というような、とりとめのない空想に遊びながら、夕暮れのお散歩を楽しむこともあります(ちなみに、このカーブの向こうには大きな家が建っています)。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂