鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

お散歩写真 紅葉と青空

 今日のお天気は晴れ。

 いつものように寒いです。

 先日撮影したお散歩写真でも……

紅葉と冬の青空

 木々の紅葉と冬の青空の図。

 寒い季節の木々たちの色合いっていいなと思う。くすんだ緑と深みのある赤が冬のおだやかな光のなかで、お互いを包みこむような調和をみせてくれる。

―― † ――

 この頃は、リヒテルのピアノでシューベルトピアノソナタをよく聴いている(第18番 、第20番 がわたしの好み)。

 村上春樹は『海辺のカフカ』で、シューベルトのピアノ・ソナタを「不完全」で「冗長」と大島さんに語らせている。シューベルトのピアノ・ソナタは「お散歩」なのだと思う(個人的な感想です…)。

 お散歩というのは、そもそも「冗長」なものだし(冗長でなければそれは冒険になる)、お散歩に完璧さを求めるなんて野暮というもの。うつろう景色のなかで、ときに「ああ、いいなぁ…… 素敵だなぁ……」と思えれば、それでいいのではないだろうか。小さな驚き(美)のために「牧歌的な長さ」がある。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂