鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

4月の日記 雨上がりの朝 たくさんの水滴 ショスタコーヴィチ 「24の前奏曲とフーガ」 作品87

 今日のお天気は晴れ。

 日々是好日。

 とある4月の雨上がりの朝、軒下を見てみると……

バラの葉と水滴

 鉢植えのバラの葉に、たくさん水滴が! (美しい…)

 こちらのバラは昨年のカエルくんのバラ(6/9)と同じもの。2月の終わりに枝を切り詰めた。5月の開花を目指してもりもり成長しています。エアプランツもいくつかの株に花芽が出ている。来月には開花するかな? (楽しみです…)

 音楽関連では、スヴャトスラフ・リヒテル 「ソロ・レコーディングス」(33CD)を日々楽しんでいる(詳細はこちら)。このところのお気に入りは、ショスタコーヴィチ24の前奏曲とフーガ』作品87 から 第19,20番(CD31)1982年、ウィーンでのライヴ(RICHTER THE MASTER では vol.11 に収録されています)。

 ショスタコーヴィチって、こんなによかったかなあという素晴らしさ。少し調べてみようとネットをうろうろしていると、YouTubeでメルニコフ Melnikov の演奏(全曲録音のCDから第7番の抜粋)に 遭遇。演奏の雰囲気(知的で現代的な感性)とピアノの響きがわたしの好み(定番のニコラーエワの演奏より、メルニコフにこころひかれた…)。CDを取り寄せてみようか……

 4月はこんなところです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂