鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

6月の日記 ブルックナー 「交響曲 第6,7番」 ヤンソンス&コンセルトへボウ管弦楽団

 今日のお天気は晴れ。

 庭の緑が濃くなってきた。

 音楽CDのお話でも……

 昨年の11月にヤンソンス&コンセルトへボウ管弦楽団ショスタコーヴィチを取り寄せた(記事はこちら)。ヤンソンスとは肌があうみたいで、それ以降ヤンソンスのCDを月にいち枚くらいのペースで買い求めている。今月はなににしようかと迷いつつ、やや冒険(?)してブルックナー交響曲を選んでみた。

ブルックナー 「交響曲 第6,7番」 ヤンソンス&コンセルトへボウ管弦楽団

 ブルックナー交響曲 第6,7番」 Anton Bruckner: Symphony No. 6&7 ヤンソンス&コンセルトへボウ管弦楽団 Mariss Jansons & Royal Concertgebouw Orchestra の図。

 2012年3月7-9日(第6番)、12月23,25日(第7番)、アムステルダム、コンセルトへボウでのライヴ録音。SACD Hybrid です。

 ブルックナーはこれまで、ほとんど聴いてこなかった。よく目にするあの肖像画の印象~雰囲気がどうも苦手で、楽曲をほとんど聴くことなく敬遠していた。今回、第6,7番をじっくり聴いてみたわけだけれど、思っていた以上に聴きやすくて楽しめた(ブルックナー先生、見た目で敬遠していて申し訳ありません…)。

 初夏の光とブルックナー、純朴な男の手でヒロイックな世界のピースがひとつ、またひとつと積みかさねられてゆく。

 6月はこんなところです。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂