鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

中原中也 「思ひ出」

 今日のお天気は晴れ。

 でも、なんだか寒い。

 風邪をひいてしまったのだろうか、喉が痛くて、やや不調。

 いまの気分で、中原中也の詩を少しだけ……

 わたしは中原中也のよい読者ではないなあ、とその詩集をぱらぱらと繰りながら思うことがある。なぜそのように思うのかは、このわたしにもよく分からないけれど……

 角川文庫『中原中也詩集』から『在りし日の歌』「思ひ出」より(この詩で歌われているのは岬の端の煉瓦工場、長い詩なので好みのところを抜き出して引用)。

窓の硝子は陽をうけてても
ちつとも暖かそうではなかつた
春のはじめのお天気の日の
岬の端の煉瓦工場よ!

 なんか、いいですねぇ~

 でも、その煉瓦工場は「その後、廃れて」「死んでしまつた」そう。

嘗て煙を、吐いていた煙突も、
今はぶきみに、たゞ立つてゐる
雨の降る日は、殊にもぶきみ
晴れた日だとて、相当ぶきみ

 あらま……

 そんなにぶきみ、ぶきみと言わなくてもと思うけれど。この詩はつぎのように終えられる。

その眼怖くて、今日も僕は
浜へ出て来て、石に腰掛け
ぼんやり俯き、案じてゐれば
僕の胸さへ、波を打つのだ

 ふうん、そうなのね……

 わたしにとっての中原中也はこんな感じ。やはりわたしは、彼の詩のよい読者ではないなあ、と思う。

 月夜の晩に、拾つたボタンは
 どうしてそれが、捨てられようか?

 「月夜の浜辺」より。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂