鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

モンブラン144お掃除奇譚《4》

 モンブラン144お掃除奇譚《3》からのつづき(1回目はこちら)。

間奏 2

 深夜の事務所。お気に入りのソファーの上で、ネコのようにからだを丸くして眠るマリ所長。窓から入ってくるネオンの明かりが、彼女のシルエットを淡い闇の中に描きだしている。

 ソファーについては万年筆と同じくらい、こだわりのあるマリ所長であった。それは、彼女が愛読してやまない作家、村上春樹の影響である。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』から、その箇所を引用しておこう。

 ソファーというものは犯すことのできない確固としたひとつの世界なのだ。しかしこれは良いソファーに座って育った人間にしかわからない。良い本を読んで育ったり、良い音楽を聴いて育ったったりするのと同じだ。

(……)

 私は高級車を乗りまわしながら家には二級か三級のソファーしか置いていない人間を何人か知っている。こういう人間を私はあまり信用しない。高い車にはたしかにそれだけの価値はあるだろうが、それはただ単に高い車というだけのことである。金さえ払えば誰にだって買える。しかし、良いソファーを買うにはそれなりの見識と経験と哲学が必要なのだ。

 1枚の毛布が、マリ所長の眠るソファーの下に落ちている。その毛布を拾い上げて、彼女にかけてくれるものはいない。彼女は孤独な女性であったが、それは彼女の愛する孤独でもあった。

 (マリ所長はフィクションです…)

本編 4 144ペン先 シルエット

 ペン先のかたちとスリット(切り割り)の様子がよく分かるように、裏から光をあててシルエットの写真を撮影してみた。

モンブラン144 ペン先(シルエット)

 モンブラン144ペン先、シルエットの図。

 前回の写真に引き続き、シルエットのフォルムもうつくしい……

 EFのペン先って繊細。中央をすっと通るスリットの細い隙間が、わたしのこころを射抜く光の矢のようよ。

 写真についての簡単なご説明。

 ライトボックスの上に置いたペン先を撮影しました。ニコンデジタルカメラマクロレンズ(55ミリ)、三脚を使用。

 写真にいれてある1ミリのスケールは、ここには写ってないけれど、いっしょに撮影した定規からのものなので、それなりに精確です。EFのペン先の繊細さがお分かりいただけると思います。

 (モンブラン146のペン先についてはこちらからどうぞ)

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂