鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

146とお散歩写真《1》 野の花

 今日は雨降り。

 気温は低め、肌寒い。

 軽い頭痛。

 昨日の夕方、お散歩に出かけたときに撮影した、わが愛しのモンブラン146ボルドーの写真。

モンブラン146

 野の小さな白い花に囲まれた146は、どこかセンチメンタルな風情。

 この写真をじっと見つめていると、146の物静かな佇まいが、そのままわたしのこころのような気がしてくるから不思議。

 万年筆は言葉を綴るもの。言葉には自分のこころをなぞるみたいなところがあるから、誰よりもわたしのこころを知っているのが、この146ってことになるのかな?

 「モンブラン146についての愛を語ろう」これはこの写真を撮っているときに、思い浮かんだ言葉。

 「愛」だなんてはずかしいよ…… 146はときどき、わたしに思いがけない言葉を投げてよこす。わたしは、その言葉にこたえるように写真を撮ってみたけれど、どうだろう?

 この写真は、あなたについての愛を物語っていますか?

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂