鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

5月の日記 ヨハネス・メラー 「ギター・リサイタル」

 今日のお天気は晴れ。

 わが家のサツキが咲きはじめた。

 音楽CDのお話でも……

 2月の日記(記事はこちら)でご紹介した「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のメンバーによる室内楽作品集」に収められたヨハネス・メラーのギターがよかったのでアルバムを取り寄せてみた。

ヨハネス・メラー「ギター・リサイタル」

 ヨハネス・メラー 「ギター・リサイタル」 Johannes Moller: Guitar Recital の図。

 レーベルはナクソス NAXOS、2010年の録音。ヨハネス・メラー(1981-)は、スウェーデン生まれのギタリスト&作曲家。教会での録音はギターとの距離感がほどよい感じで(直接音と残響のバランスがよくて)、繊細で凛としたギターの音色~演奏を楽しめます。

 バリオス「森に夢見る」
 クレイファンガー「『魔弾の射手』の主題による序奏と変奏」
 ヴィラ=ロボス「12の練習曲 第7,9,12番」他
 グージョン「ラメント-スケルツォ
 レゴンディ「夢Op.19」
 ブローウェル「ソナタ
 メラー「遠き炎への詩」
 全12曲

 バリオス「森に夢見る」、クレイファンガー「『魔弾の射手』の主題による序奏と変奏」、レゴンディ「夢」あたりは、ゆったりと時間が流れる感覚があってよいです。人生に流れる時間もこのようでありたい(と思う)。

 5月はこんなところです。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂