鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

1月の日記 シベリウス 「交響曲全集 交響詩集」 バルビローリ&ハレ管弦楽団

 今日のお天気は薄曇り。

 外は冷え冷えとした冬の情景。

 音楽CDのお話でも……

 1月になったら(新しい年を迎えたら)取り寄せようと思っていたCDが先日届いた。

「シベリウス 交響曲全集、交響詩集」 バルビローリ&ハレ管弦楽団

 シベリウス交響曲全集 交響詩集」 Jean Sibelius: Complete Symphonies, Orchestral Works バルビローリ&ハレ管弦楽団 Sir John Barbirolli & Hallé Orchestra (ボックスセット 5CD)の図。

 EMIによる録音は1966~70年にかけてロンドン、アビーロード・スタジオ、キングズウェイ・ホールでおこなわれた。こちらのセットでは2012年のリマスター音源(アビ-ロード・テクノロジーによるリマスタリング)を使用。

 バルビローリ&ハレ管弦楽団の演奏には〈ひとの営み〉のあたたかさが感じられて、ほろりとさせられる。ひとの営みと自然(森羅万象)はひとつのものなんだ、ふとそんなことを思った。

 1月はこんなところです。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂