鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

初夢ではないけれど

 今日はよい天気。

 わたしは、やや不調…… 年末年始を高揚した気分ですごしたので、その疲れかな?

 明け方、かわった夢を見て目が覚めた。

 村上春樹さん(わたしの夢に3回目の登場です)といっしょのバスに乗る夢。

 バスはわたしの暮らす街でもよく見かける普通のもの。わたしが運転手さんのすぐ後ろの席に腰掛けると、村上春樹さんはその席から通路をはさんだ反対側の席に腰を下ろされた。

 わたしと村上春樹さんとのあいだに会話はなし。でも、これからこのバスで、なにか事件がおきる予感があった。どこかしら、彼の書く短編小説の雰囲気を感じた。

 がたごと、がたごと…… バスの不規則な振動で目が覚めた。

 ほんの短い夢だったけれど、わたしの夢に村上春樹さんが出て下さったことだけで感謝です。

―― † ――

 読書メモ

 『春の雪』は少しずつ読みすすめて378ページ目。あと少しで読み終える。今日中に読み終えられるかな?

 

広告を非表示にする
鞠十月堂