読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

暑い日 読書日記

 今日も、夏らしい晴れのいち日だった。

 暑いです……

 読書のメモ書き。

 三島由紀夫天人五衰』は、198ページまで読みすすめた。だんだんと面白くなってきた(お話のすすめ方が、いくらか「ちからわざ」みたいに感じるところもあるけれど、調子よく読めている気がしている)。

 あと150ページほどで、この物語も終わってしまう。なんだか残念…… これは「輪廻転生」の物語なのだから、永遠に転生を繰り返して物語が続いていけばいいのに、とつい思ってしまう(60代、70代の三島由紀夫が『豊饒の海』を書いたら、どんな物語をつくっただろう…)。

 『暁の寺』の方は、そろそろ感想を書いておこうかなと思いつつ、いまひとつその気になれない。考えていることはおおいのだけれど、それを言葉にすることはむつかしい……

 ドストエフスキー地下室の手記』は、94ページまで読みすすめた。こちらはゆっくりとしたペース。主人公の語りが、とても面白い。

 昨夜、ひさしぶりにパウル・ツェランの詩集を読んだ(『パウル・ツェラン全詩集』中村朝子訳)。ツェランの詩は、ちょっと好き。

 『光輝強迫』から、短い詩をひとつ紹介してみよう。

光の楔たちを
叩き外せ――

泳ぐ語を
薄明が待っている。

 素敵、素敵。

 今夜は、こんなところです。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂