鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

お散歩写真 スイセン

 今日のお天気は晴れ。

 日差しはうららか。

 桜の季節ではありますが、いまの気分で前回にひきつづきスイセンの写真でも……

スイセン

 わが家の庭にもりもりと咲いたスイセンの図。

 よりあつまり、いっせいに花咲く黄色い花って、なんかいい。こころに元気がでてくるといいますか…… 太陽によりそう明るさよ、あたたかさよ、黄金の甘美な国を夢見る花よ…… (ウィリアム・ブレイクふうに歌ってみた…)。

―― † ――

 そういえば…… (このようなことをふと思い出してしまうこともある)

 T・S・エリオットの代表作『荒地』(The Waste Land,1922)によると4月は「残酷極まる月」らしい……

I. 埋葬

四月は残酷極まる月だ
リラの花を死んだ土から生み出し
追憶に欲情をかきまぜたり
春の雨で鈍重な草根をふるい起すのだ

(……)

このしがみつく根は一体何んだ
このじゃりの多い塵から どんな枝がはえるというのだ
人間の子よ 君には何もいえない なんにも見当がつかないのだ
というのは君は毀れた偶像の山しか知らないのだ

(……)

 (訳は西脇順三郎

 わたしは本当の残酷について、なにも知らない。それでも、4月の青空と桜並木の彼方から響いてくる残酷のエコーに怯えていた日々もあったように記憶している…… (いまはそのようなことはないけれど…)

 いつの日も、こころおだやかに暮らしたいな。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂