鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

5月の日記 「オデカトン~ペトルッチが出版した楽譜から」 フレットワーク

 今日のお天気は晴れ。

 若葉の緑が素敵な季節になってきた。

 音楽CDのお話でも……

 このところ古楽系(ピリオド楽器での演奏)のコレクションを増やしたいなと思っていて、以前から気になっていたフレットワークのアルバムから「オデカトン~ペトルッチが出版した楽譜から」を取り寄せてみた。

「オデカトン~ペトルッチが出版した楽譜から」フレットワーク

 「オデカトン~ペトルッチが出版した楽譜から」 Harmonice Musices Odhecaton フレットワーク Fretwork の図(右はブックレットです)。

 オデカトン Harmonice Musices Odhecaton は、ペトルッチ Ottaviano Petrucci (ベネチア 1466-1359)が印刷した15世紀のポリフォニー音楽を収めた楽譜集(印刷された楽譜集としては最古のものだそうです)。

 フレットワーク Fretwork は1986に結成されたイギリスのヴィオール・コンソート・アンサンブル(古楽器合奏団)。メンバーには日本の方もいらっしゃいます。

 レーベルはハルモニアムンディ harmoniamundi 、録音は2000年8月にイギリスのフォードアビーでおこなわれた。こちらのCDは2008年の再発売版になります。

 フレットワークの演奏には、古楽のテイストと現代的な感性が融合した美しさがあると思った。15世紀のポリフォニーは素朴な印象だけれど、精緻な演奏から立ち現れてくる生命感(音楽の小宇宙とでもいえばよいだろうか)には、なにかぞくぞくするものがある。

 5月はこんなところです。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠十月堂