鞠十月堂

詩と文学と日記のブログ

この頃 あれこれ

 今日のお天気は晴れ。

 春分の日

 風邪をひいてしまった…… ここしばらく体調がおもわしくなくて、気分も沈みがち(やや残念…)。

 この頃のことでも……

 先々週は、この頃書いた詩に手を入れた。先週は、安部公房箱男』の記事(全22回)に手を入れてみた。引用元の表記を統一して、《19》《22》を加筆訂正。『箱男』については、あそこに書いたほかにも記事にしてみたいことがいくつかある。そのうち「断章」のシリーズでもはじめてみようか……

 (そろそろ書きはじめなくてはと思っている『密会』の記事は、いまひとつその気になれず…)

―― † ――

 最近書いたふたつの詩についてのメモ書き。

歌われた世紀 #0179

 この詩は、安部公房「世紀の歌」(1959)につづく詩として着想したもの。「ぼくたちの探偵」には、安部公房のイメージがある。プランの段階では「ジュラルミン」と対にして「アヴァンギャルド」を組み込むことを考えていたのだけれど、上手く入らなくて結局「コンクリート」になってしまった……

レポート 2012A #0180

 この詩は、数日前に見た夢がモチーフになっている。実際に夢に見たのは2~3連のイメージ。「二枚貝の内側」のようにつるりとした巨大地下空間は、びっくりするくらい美しくて神秘的だった(行けるものなら、もういちど行ってみたい!)。

 詩に夢のイメージを組み込むことはよくやっていて、これまでつくったもののなかでは「雨は降りつづいていた」がお気に入り(この詩は、見た夢ほぼそのままです…)。

 

広告を非表示にする
鞠十月堂